スポンサードリンク

血圧の正常値に関して年齢別(20,30,40,50,60代)

人間の体の状態を知る目安として血圧測定を行うことがあり、血液による血管壁への圧力が数値化されて改善すべき点を探すきっかけにすることが特徴です。

血圧の正常値は20代は140未満になり、95%が許容範囲内に収まっています。

30代も140未満が正常値になりますが、90%と20代より低くなることが特徴です。

40代は140未満が82%になり、50代になると58%と高くなる傾向があります。

60代になると39%と正常値にある割合が少なくなり、180以上が25%を超えていることが特徴です。

基本的に血圧は年齢を重ねると高くなる傾向があり、140を目安として上がると生活習慣を改善するなど考えることが求められます。

血圧測定は健康診断の時に行なわれますが、若い時は低くて安心できますが、高くならないよう定期的に検査して医師のアドバイスを参考にする方法が望ましいです。

正常血圧は85~130の間が最適になり、生活習慣の乱れやストレスなどが原因で大きく変化する場合もあります。



 

血圧が高い原因とは

血圧は一般的に2つの値があり、片方は心臓がギュッと縮んで血液を大動脈へ送り出したときの血圧を収縮期血圧であり、別の名前では最大血圧と呼ばれています。

もう一方は、体内から戻ってきた血液によって心臓が膨らんだときの血圧を拡張期血圧で、別名は最小血圧と呼ばれています。

健康診断などで血圧を測る際は上下の2つのセットで示され、体の異常がないか確かめる目安になることが特徴です。

血圧の推移は基本的に心臓の働きが大きく寄与し、体の中には血圧をコントロールする役割を果たす仕組みが備わっています。

その1つの自律神経は呼吸や心拍数などを維持する活動をつかさどる交感神経と、体を休息に適した状態にする副交感神経があります。

交感神経は外部の影響などを受けて緊張すると強く作用し、このタイミングで末梢血管は収縮して血圧が上がりやすいです。

逆に、緊張が和らぐと末梢血管の収縮も収まるため、血圧が下がる傾向があります。

また、受容体は血管の内側にある器官で、血圧のコントロールにかかわることが特徴です。

受容体は心臓近くにある太い動脈である大動脈弓にあり、血圧の上昇や降下を検知して交感神経に伝達する役割を担います。

このような仕組みは血圧の上昇や降下を逐一把握でき、数値をコントロールできるようにしています。

首にある太い動脈の頸動脈にある受容体は血液中の酸素や二酸化炭素の濃度を読み取って濃度の変化を心臓の中枢神経などに伝達し、呼吸や心拍をコントロールして血圧を調整することが特徴です。

血圧が上がる原因は運動やストレスを溜めると起きやすく、睡眠をすると下がる傾向があります。

高血圧は病気になりやすいため注意が必要で、すみやかに改善するように最適な対処方法を探すことが大事です。



 

低血圧の症状と対策について

血圧は高いと病気のリスクがあると思われますが、低くても日常生活に支障をきたすことがあります。

低血圧で起きる症状はやる気が出ないことやめまいなどで、疲れやすくなることが特徴です。

低血圧の目安は最高血圧が110以下の時に自覚症状が出やすいもので、検査を受けて病気との関連性を確かめて対処方法を決める必要があります。

本態性低血圧は原因が分からないことが多く、起立性低血圧は立ち上がると急にふらっとすることが特徴です。

二次性低血圧は病気や薬が原因で起きやすく、糖尿病で血糖値のコントロールがうまくできてない場合に起きます。

低血圧の原因は基本的に食生活の乱れが原因でなりやすく、一日三食とることやタンパク質やミネラルが不足しないように心がけることが大事です。

他にもウォーキングなど脚や手の先まで血液が流れるように運動し、水分補給をして負担をかけないようにすると効果があります。



 

血圧が正常値での脈拍に関して

脈拍数は1分間に65±10が標準で、45未満や85以上になると体に何かしらの異常が発生していることがあります。

心拍数は多くなれば寿命が短いと言われ、心臓病のリスクが高くなるため定期的に検査を受けて改善する方法が望ましいです。

不整脈は体内で異常が発生している時になりやすく、生活習慣の乱れやストレスなどで起きやすくなります。

脈拍数が多くなる原因は運動や発熱、精神的緊張などがあり、こちらは改善すると大丈夫です。

他にも疲労の蓄積や飲酒、睡眠不足などがあり、放置すると危険なためすみやかに改善することが求められます。

頻脈は心臓病や高血圧になると起きやすく、肺や甲状腺に疾患がある場合もあり検査を受けて治すことが重要です。

逆に脈拍数が少なすぎる時は脳貧血や息切れを起こしやすく、健康診断の際に血圧や脈拍数を測定すると改善するきっかけになります。

心拍数が多くなる原因はメタボなどもあり、高血糖や高血圧なども関係するためすみやかに発見して治すことが大事です。

血圧と脈拍の関係は体の状態を確かめるきっかけになり、異常があれば早期発見をして改善すると今後の人生を安心して暮らせます。

病気の原因は定期的に健康診断を行うと早期発見をしやすく、医師のアドバイスを参考にして改善すると効果的です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク